大分大学医学部小児科学講座

採用に関するお問い合わせ 日本小児科学会大分地方会 大分県小児保険協会

医局員紹介

医員、後期研修医
木村 裕香 Yuuka Kimura 大分県出身 大分大学、平成28年卒
        

こんな医師になりたいと思える先生方のもとで研修でき、小児科医になろうと決めてよかったなと感じています。

はじめまして。4月より大分大学医学部小児科に入局させて頂きました木村裕香と申します。
生まれも育ちも大分市で、大分大学医学部出身で2年間の初期研修を終え、後期研修1年目も引き続き大分県立病院小児科で研修させて頂いています。

私が医師になりたいと思ったのは中学生のときで、その頃は海外で医療をしてみたいという何ともおこがましい夢があったのですが、その後は自分の生まれ育った場所で貢献できる医師になりたいと思うようになりました。その中でも小児科医に憧れを抱くようになったのは、高校生の時だったように思います。大学生になって実際に実習で小児科を回って、その思いはさらに強くなりました。
しかし、実際に医師になり小児科の初期研修をすると、小児医療の難しさ、そして責任の重さを感じてしまい、自分には無理なのではないかと思うようになりました。他の科もとても魅力的に感じ、本当に迷っていたのですが、小児科研修中に担当していた患者さんが退院して外来で会う機会があり、元気に走り回っている姿、そしてその子を追いかけている自分に気づいたときに、やっぱりこれが自分には合っているんじゃないかと感じ、小児科医になろうと決断できました。

実際に小児科医として働き始め、毎日が新しいことの連続で、日々の業務をこなすことに必死ですが、こんな医師になりたいと思える先生方のもとで研修でき、小児科医になろうと決めてよかったなと感じています。少しでも早く、患者さんそしてご家族のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。

医局員紹介のトップに戻る