大分大学医学部小児科学講座

採用に関するお問い合わせ 日本小児科学会大分地方会 大分県小児保険協会

腎疾患

グループ紹介

臨床

学校検尿が行われている日本では、慢性腎疾患の発見を早期に行うことが可能です。そのために、学校検尿でスクリーニングをされたお子さん達を継続して診療していくことが、非常に重要です。
対象疾患は、ネフローゼ症候群、IgA腎症などの慢性糸球体腎炎、逆流性腎症、神経因性膀胱、紫斑病性腎炎、慢性腎臓病などです。
大学病院には、難治性ネフローゼ症候群、小児泌尿器が関わる腎泌尿器疾患、基礎に神経疾患などを持つお子さんや低出生体重児などのお子さんが多い特徴があります。

教育

外来+病棟での業務を行っています。
腎生検や尿検査、腎機能評価、一般検査等で、腎疾患に特徴的な検査の見方について教育を行っています。

求められていること、今後のミッション

腎疾患の多くは慢性疾患であり、長期間にわたり付き合わなければならないものが多いです。
小児腎臓をみるうえで、大事なことは、出来るだけ健常なお子さん達と同様の生活や体験をしてもらうことだろうと、小児腎疾患の研修を行った施設の上司に言われました。
その言葉は、私に強く響いています。

慢性疾患を持つお子さん、その家族の方々に寄り添いながら、診療を継続して行うことが使命だと考えています。