大分大学医学部小児科学講座

採用に関するお問い合わせ 日本小児科学会大分地方会 大分県小児保険協会

医局員紹介

医員(慶應義塾大学小児科所属)
小栗 沙織 Saori Oguri 大分県出身 大分大学、平成26年卒
 

子どもたちを助けられるような新しい知見をお伝えできるようになりたい。

大分大学医学部卒業後、横浜で初期臨床研修を2年間行い、東京で小児科医として5年間勤務していました。小児呼吸器を専門としており、同時に遺伝に関する知識を深めるために大分大学で研修させて頂いています。
小児科を志したのは初期臨床研修医の時であり、未来を担う子ども達と向き合い、サポートする小児科の先輩方の姿に憧れを抱いたのがきっかけです。
小児科専門医を取得してからは、小児呼吸器を専門とした研修を行い、中でも呼吸に関連する稀少疾患について学んできました。例えば、先天性気道奇形(先天性肺胞気道奇形、気道狭窄/軟化症)、慢性気管支炎(副鼻腔気管支症候群、嚢胞性線維症、異物)、間質性肺炎(遺伝性、自己免疫性、薬剤性)、無呼吸(先天性中枢性低換気症候群、その他の中枢性無呼吸、閉塞性無呼吸)、感染症(特に小児結核)と診断された患者さんと向き合い、診断するためのツールとして内視鏡検査を年間100件ほど経験しました。
遺伝分野に関しては、子ども病院で1年弱陪席を行わせて頂いた後に、大分大学でさらなる研鑽を積んでいる最中です。将来的には、これまで原因がわからず治療法も限られていた子どもたちを助けられるような新しい知見をお伝えできればいいなと希望を持っています。
また、地域の子どもたちと向き合うにあたって、子どもの総合医としても活躍できるよう精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

医局員紹介のトップに戻る